大学生だからこそ挑戦できる語学留学!

人生でいろいろなことが一番できる学生時代、あなたの長期休暇を有意義に使ってみませんか。大学の長期の休みは留学の絶好のチャンスです。
大学生の休みは一般に土・日・祝日も含めて年間190日前後有ると言われています。そのうち、夏休みは40~50、春休みは2か月で約60日です。これを利用しないのはもったいない。夏休み、春休みに一か月の短期留学が可能です。当校のフィリピン留学学校JK INTERNATIONAL LANGUAGE CENTER(以下JK I.L.C.)にはその長期間の休みを利用した語学留学に対して大きなメリットが有ります。

メリットその1:フィリピン留学とオンライン英会話で効率よく上達

JK I.L.Cの最大の魅力は留学中の講師がファミリー企業のオンライン英会話学校の講師でもあることです。夏休みの1ヶ月で短期留学を行い、日本に戻ってそのままSkypeを利用したオンライン英会話でコツコツと空いた時間に英会話のレッスンを続け、春休みに再び1ヶ月の短期留学を行うことができます。その間同じ先生のレッスンを受けることができます。また違う先生とのレッスンを受けても語学留学、オンライン英会話レッスン通して生徒それぞれの英語力レベルを共有しているため一人一人に有ったレッスンを行うことができます。つまり、無駄なく学習していくことができるのです。

メリットその2:最適な短期留学のための準備も万全

留学が決まったら留学前にファミリー企業のオンライン英会話学校の8回の無料レッスンを受けることができます。このレッスンで前もってあなたの英会話レベルを確認させて頂き、留学最初からあなたに合った授業を受けることが出来るのです。

メリットその3:少人数制で、留学内容も日数も自由に設定

当校では少人数制をとっています。つまり一人一人に合わせた学習を行うことが可能です。留学期間も1ヶ月ではなく2週間、1週間と短い留学も可能です。逆に45日や100日と中期・長期の設定も可能です。あなたにのご希望の日数を自由に設定することが可能です。(1日単位での料金設定が出来ます。)また、ご希望されれば土・日の学習も可能です※1。短期の時間しか取れない方は短期集中の学習も可能です。※1:別途追加費用が必要になります。

メリットその4:外資系企業でインターンシップを行うことも可能

ファミリー企業にフィリピンでも有数の人材斡旋(リクルートメント)企業が有ります。フィリピンの外資系を含む多くの企業様の人事担当者とつながりが有り、長期の休みを利用して語学留学を行いそのままフィリピンに有るフィリピン企業や日本等の外資系企業でインターンシップを行うことも可能です。これからのビジネス英語を学生のうちに現場で経験することができます。

●フィリピンのマニラ首都圏に立地:

常夏のフィリピンでは気候が良く、もちろん一年中夏服で過ごせます。乾季と雨季が有りますが、雨季でも湿度の高い日本の梅雨のようなジメットした感じではなく、カラッとしています。一年中過ごしやすい環境です。

マニラ首都圏とはフィリピンの経済・文化・政治の中心地です。そのまた中心的な位置にマニラ市、そして当校JK I.L.C.があるケソン市が有ります。
同じフィリピンのセブ島はリゾート地として有名ですが、ケソン市近郊にはリゾート地がそれほど有りません。逆に言えば勉強をするにはより良い環境と言えます。周りの遊びの誘惑に捕らわれずに英会話の勉強をすることができます。またケソン市にはフィリピンが誇る国立のフィリピン大学(U.P.)や有名私立のアテネオ・デ・マニラ大学が有ります。このような環境で本気の英語留学をしてみませんか

これからの日本は小学生から英語教育です。負けてはいられません。ビジネス英語、日常英会話、TOEIC、TOEFL、あなたが挑戦し延ばしていきたいものをJK I.L.C.はお手伝いします。限りある時間を有効活用しましょう。あなたの英語を自信に変えるのは、あなたの決断です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。